台風14号 18日夜に鹿児島市に上陸 熊本や大分ではけが人も
【動画の長さ : 02:19】
youtubeiconauthorpublishdateplaycountsfavoriteslikes
YouTube
Links
FNNプライムオンライン2022-09-19 10:35:14326640128

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

「過去最強クラス」の勢力で18日夜、鹿児島県に上陸した台風14号は、19日午前6時現在、九州のほぼ全域を暴風域に巻き込み縦断している。

台風14号は18日午後7時ごろ、大型で非常に強い勢力で鹿児島市付近に上陸した。

宮崎県には19日午前6時現在、大雨特別警報が発表されていて、美郷町では24時間に712.5mm、都城市では538mmと平年の9月ひと月分の雨量をはるかに超える大雨が降った。

各地で被害も相次いでいる。

鹿児島市では、建設中のマンションの上にあるクレーンが根元から折れている。

熊本県では、50代の女性が風にあおられ転倒するなど、男女8人が搬送されたほか、大分県でも4人がけがをした。

また18日夜、氾濫危険情報が出された熊本県の球磨川では、上流にある市房ダムで水位が満水に達するおそれが出たため、19日午前3時に緊急放流を開始した。

県は氾濫の危険があるとして、警戒を呼びかけている。

台風14号は午前3時ごろ、福岡・柳川市付近に再上陸し、午前6時現在、飯塚市付近を北上している。

今後20日にかけて、東日本や北日本に接近する見込み。

予想される最大瞬間風速は、九州北部や中国地方で50メートルとなっている。

また、20日朝までの24時間雨量は、四国や東海で400mmなどと予想されている。

土砂災害や低い土地の浸水、川の氾濫には最大級の警戒が必要。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/


【転載元】台風14号 18日夜に鹿児島市に上陸 熊本や大分ではけが人も


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。